乾燥肌を予防するための半身浴法

半身浴はリラックス効果のほか、体を温めることで体内の代謝を上げられると言われてきました。そのため美容を意識する人たちの間で人気が出て、1日の終わりには半身浴をしてから寝る人も多かったです。しかし近年、それには間違いがあることが分かっています。

 

それは、長時間お風呂に浸かっていても大丈夫なように、熱湯ではなくぬるま湯にしていたとしても、肌の潤いを守っているセラミドが外に流れ出てしまう可能性があるのです。お風呂場は水分と湿度の影響で、いかにも肌が潤っているように見えますが、これは水分を保持しているわけではなく、お風呂から出たあとはすぐに乾いてきて乾燥肌になりやすいので注意したいです。

 

とはいえ、半身浴でゆっくりとしたいという人も多いものです。そんなときは乾燥肌になるのを予防するために、保湿剤が配合された入浴剤を使用するのはもちろんのこと、湯船から出たあと更衣室に行く前にセラミド入りの保湿クリームなどを塗ってあげると、乾燥を抑えることが可能になります。

 

さらに、今まで楽しんでいた半身浴の時間を、できるだけ減らしてみるのも効果的です。好きな時間を少なくするのは少し寂しい気もしますが、乾燥肌を気にする方はこれらのことをしっかりと守っていくようにしたいです。