乾燥肌の改善に効果的な食べ物

お肌の乾燥はカサカサするだけでなく、しわや肌荒れ、ニキビなど様々な肌トラブルの原因となってしまいます。
オイリー肌が原因と思っていた肌トラブルが、実は水分が足りない乾燥肌が原因であったというのも意外とよくある話です。

 

乾燥肌の改善には普段のスキンケアが大切ですが、食生活も同じくらい大切なこと。
お肌の調子を整えるには、どのような栄養素を摂っていけばいいのでしょうか?

 

まずは何と言ってもセラミドです。これはスキンケア用品や化粧品に含まれていることもあるので、知っている人も多いかもしれませんね。
セラミドは角質の細胞の間にある脂質で、お肌に水分を繋ぎとめる働きをしています。
セラミドは小麦やほうれん草、大豆、ヨーグルトなどから摂ることができます。

 

そして、お肌のターンオーバーを正常に行うために欠かせないのがタンパク質。
たんぱく質は魚、肉、豆などから摂ることができますが、それぞれに長所があるので色々な食材のたんぱく質を摂るようにするのがベターです。
また、たんぱく質は食いだめがきかないので、できれば毎食摂るようにしましょう。

 

新陳代謝に関係してくるもう一つの栄養素がビタミンAです。
これは緑黄色野菜や海藻、乳製品、卵、鶏や豚のレバーなどに豊富に含まれています。
お肌の新陳代謝を促す作用がありますので、積極的に摂りましょう。

 

意外と気が付かないのが、脂質が足りなくて皮脂の分泌量が減り、お肌が乾燥するケースです。
ダイエットなどで脂質を摂らないようにしていたら、お肌に必要な分が足りなくなってしまうということもあるようです。
たくさん摂る必要はありませんが、たんぱく質の方で挙げた食材に加え、ごまやナッツ類を少し摂るようにするといいでしょう。